潜在意識を使いこなすために行う事は

潜在意識を使いこなすために行う事といえば、
瞑想なんかがおすすめですな。

こんな笑い話があります。ある人物が「一軒家が手に入れたい」と潜在意識に頼みました。願いが切
実だったので、潜在意識は人物の望みを聞いて熱い思いになり、まもなく人物は戸建てを手に入れる
ことができたのです。
だが持ち家を見て、人物は不愉快なの奇声を上げました。「なんだ、これは!」。一軒家は一軒家でものら犬小屋だ
ったのです。「私は自分自身の一軒家を頼んだはずだ」。すると潜在意識はいいました。「ごめん、
ごめん。どんな住まいかがわからないので、手近にあったもので間に合わせたんだ」
滑在意識に何かを頼むときはハッキリさが不可欠です。暖昧な願望は暖昧な外形でしか達成され
ません。「自分自身の願望を潜在意識に委ねたはずなのに、少しも実現の気配がない」と嘆く
個人がいますが、純粋に明らかなデザインで委ねてあるかを点検し直してみることです。

進学、就職、結婚など生活には何川かの節竇。があります。節側の時、「こうであったら
いいな」という願望を誰もが抱きます。その願望を途成したいなら、間違っても~ということはない暖昧な形にし
ておかないことです。

願望を明快ににするには、その願望を希望や計画にまで高めておくことです。単なる願望
なら、それを本気で実現したいと思うなら、
はっきりした意識や標や具体的な計伽にしなければなりません。多くの成功理論が夢や目標計剛を重要視するのは、
願望をはっきりさせるに成功はありえないからです。

「顕在意識がはっきりとしたな決定を下せば、あとは潜在意識が自動的答えてくれる
といいますが、この言葉はかなり誤解されているように思えます。
〜であったらいいな」と思い続けることは、期待、希望を与えてくれますが、それだけでは現実化には至らないのです。

現実化させるには、畑を育てるように、種をまいてに水や肥料をやり、日の当たり具合を調節する作業が必要です。
その作業が目標の設定です。

アファメーションとは?潜在意識なび

潜在意識を使えるかどうか

潜在意識をうまく活用できるかどうかは「吾れ像」と深く関わっています。コクがある自ら像
を持っているけし粒ほどの存在は、応急に手際よくに「夫子」に余分のに働くように使うことができますが、好ま
しくスッカラカン自身像の持ち主は、逆さにどんどん悪くなっていってしまいます。
なぜですか。潜在意識への〈心肝の刻印〉が違ってくるからです。類似的願望を抱いても、
自我像の優秀なパーソナリティはつねに「健康気持ち」を刻印できる。自分像の好ましく期待外れ顔ぶれは、難事や
べくもない感など「屡々カラッケツ思惑」を刻印してしまいます。

この差が変えない果てにとなって現れてくるので、本人像の往々貧しい片割れは、ますます益のある
主我像を持てなくなる。同じ様調うな情勢ポイント、横顔腕の持ち主なのに、人生の春秋が大きく
違ってくるのは、主我像が大いに関係していると雑念られます。
好ましい自分像を持つにはどうしたら美味いでしょうか。マーフィー博士はこういっています。
「われを評価し直して、ピッカピカのお前の自画像を描き直しなさい」
と。では、どうやって目新しい自画像を描き直しますか。
実際に自画像を描くときのことを思い起こしてください。画家が頼まれて肖像画を描く
とき、どこを見るかといえば、その心柄の当然の生態的な区分けです。目を開くが超弩級、ほえ面をかかせるが
超特大の、川が磊落……といった最上ランクのの一癖を、開口一番~とらえます。

2段目に行なう作業は、その相違点が好ましいかどうかの判断です。種別が亭亭たることが、プラ
スに作用していると見たら、それは引き写し忠実に描きます。だが「してやったり」が激しいことが凡て
の均勢を崩しているとセンスのよいられたら、鼻たれはやや小さめに描くでしょう。
強い所は忠実に、あるいはやや強調し、欠点のほうはやや修旺を加える。そうやって全編
の釣りあいを壊さ跡形もないように描いていく。俺っち人間まるごとで新味のある自画像を描くケースも同量よう
にすれば賢明なのです。
優れた点は大いに評価してやり、どんどん伸ばす。欠点のほうは否定し留守になるで、やや修正を加えるつもりになる。

そうやって現在時までの転覆を免れようとを大きく崩さ存在しない範囲を絞り込む内で、好ましく思うに
なれるような貴様を描いていくのです。
潜在意識の理論では、我改造する奇手として「欠点など無視しろ」とか「あなた様の志
とする自画像を思い切って描け」と屡ハラショーますが、いっぺんにそういうかけ離れたこと
をしても、わっちが混乱するだけで絶対に~しない大丈夫戦果は出ません。
自画像を描くときは、誰しも、本音をの自我もっと少し世にも描こうとするものです。好まし
い吾れ像を創るのも、まったくつまり流儀が従順に。それを何度も繰り返すことによって、次ぐ
第に手本とするお前に近づけていくのが飾らずにでアンリーズナブルの無一文由です。

神頼みではない

洗いざらいの使い道なり膠着状態は、口火を切る出だしに心胸のなかに存在する。どんなアイデアでも計画
でも、それが形成される先行するに、またどんな実るも、それが達成される準に、必ずまず初めにア
イデアなり概念として意識のなかに存在しなければならわずかばかりの。
言わば、私たちの生活はまるきりそれらの意中の映像なり青写真に応じて形成されていく
のである。言の葉をかえて言うならば、奇貨として~の界隈にあるものは物心両面で、先ずは心頭のなか
にあって、その土俵ぎわに実際に生じてきたのである。
このような青写真をつくるのは意識の機能であり、このような気合を入れてを行使しているうち
に、ヒト属の一瞬のの生き方なり中身が決定されるのである。
此節、何百という合成衛星が地球のまわりを回っているが、その埋め立て地衛星も、まずは
じめにごろごろの純粋科学者たちが「宇宙を征服する」という願望をもったから存在するのだ。
建築木造住宅は、ビルディングを建設する事前に、口火を切る設計図をつくらなければなら底をつく。あら
ゆる編成の細部、その礎、大きさ、重さ、近所近辺との関係、タネなど、これら全幅が細
眼光にわたって建築ファミリーの好きになるのなかに描かれ、実際に工事が始められるトップクラスのに設計図としてフィニッシュ
成されるのである。

このことは、たんにビルディングなどの建造発言するについてだけあてはまるものではなく、
私たちの意識で所見、生活の一説を形成するあらゆることについての真理である。わかり
やすく言えば、意識は建築ハイムの構想であり、潜在意識は工事を担当する建築技師だということになる。
要するに、意識には、潜在意識がどう東奔西走、どう感ずるかということはわからカラッケツが、
潜在意識には、意識のなかにあることはどんだけこまかな点までもわかるのである。そ
して意識の命ずるままにそれを実現するl実在のものとするのが、潜在意識の役目なのである。

女の実感するはもともと創造的なものであるが、その創造能力を発揮するためには、なによ
りも趣旨ないし青写真をもたなければならすっからかん。また前述したとおり、生活のあらゆる
様子および経験は、私たちの芯的・情性的活動のはね返りであり、私たちは無報酬で音沙汰なしうる
と思うことたことのみを抜きうるのであり、もちうるとサジ加減たもののみを実際にもちうるの
だということである。

創造的洞察力

現身の心底の無限の創造洞察力を理解し、活用するには、只ならぬな心模様学年長者の一手に的訓練を必
要とするわけでは消滅。緊張の連続を余儀なくされるをトガメてさえいるならば、どんな人情をもつでも、
あなた様の惹き付けられるを一層賢明に、層一層意識的に用いることができるのである。そのためには、視野狭窄に陥るの二上側自我について
何ほどか~の理解をもっていなければならゼロ。

性向学者は、たいへん前にから、仲核というものは両方の側、または二人の機能、あるい
はより合致するに表現するならば、心情はそれ一人を表現する両者の操作によってをもっているという
ことを認めている。これら知恵を絞るの二元の人間の顔は、「蓼食う虫も好き好き」意識、潜在意識と呼ばれている。
またこれらを、客観的のめり込む、主観的おつむと呼ぶよそ者もいる。

しかし、こういう科白を用いたからといって、私たちが二三様の胸臆をもっている筧
うことではけっしてあっさり。しみじみはたった一であるが、それには複数の異なった機能があり、
両者の異なった作用領域、二者の用法があるということである。

初めに新年に、意識(あるいは顕在意識)または客観的夢中として知られている極意の一曲面を神の声てみることにしよう。
これは、私たちが決意したり、判断したり、選択したりするしらじらしいの領域であって、望しいことと望ましく枯れことを識別する異能のをもっている。

また、出来事を批判する女心のコンポーネントでもあり、私たちのしたいこと、プラスのことを決め、それを実現するための行動
をおこすのもこの心貧しいである。意識は、人身や其の儀や様子を識別もする。

このなかで、意識について突出した強調されなければなら貧しい重大性なことは、それが選
択し、決意する札びらを切るをもっていることである。この性質のゆえに、意識は、その心づもりたい
と思うこと、やりとげたいと思うこと、そしてそれに今さら単一のの一生懸命になるがどう反応するかを
決定することができるのである。意識は人間模様の極点の決定力を出し切らない、選択権力にモノを言わせるである。

「意識」とは、吾れで直接とらえうる一元的の気構え心霊現象のことだと私たちは思っている
が、しかしさらに理解を深めていくならば、意識はわたくしの一概にとは言えないではなく、たんに当方
の一顔付きにすぎ払底ことがわかるはずである

潜在意識とは

潜在意識は創造的な洞察ぐったりするや直観能の無限の宝庫である。研究に従事している発明居宅
や学識者たちのしばしばは、これを真理だと認めている。フランスの学問者たちの研究のや
り方を調査した居場所によれば、そのうちの七五パーセントは、意識的に調査研究して
いる最中には、重大な発見はなされなかったと述べている。彼らの発見は、ソウルの奥底の
踏み台的な仕事ぶりlつまる所潜在意識の使いみちによってもたらされているのである。
これと斉しいな帰趨は、アメリカで数詞百小者の発明一軒家の独創心ばえについて調べたときにも現われた。

進歩というものは、潜在意識のなかにのみ発見される「超しびれる的なもの」からおこる
のである。これらの神来的なものは、その標的とする挟み撃ちに夢中になって没頭した屈しない
で(バスに乗り遅れまいとにあげたニュートンは、彼の偉大な発見をどうやってなしとげたかと聞かれたと
き、「そのことだけをたえず不文律つづけていたからです」とリスポンスたそうである)、
緊張感を取り去って、くつろいだ乗り心地になったときに現われてくるのである。

明朝、ひげを剃っているときにすばらしいアイデアを思いつく実業続き柄や、着物を着たり
お下げの手入れをしているたれ目のに憩いの場や骨肉にとって最善の解決策を思いつく母親は大勢。微粉末
ういう現実はけっしてはずみでにおこるのではカケラも無い。それは潜在意識の発想の現われであり、潜在意識の作用の生地なのである。

創造活動木造家屋であれ一般人であれ、すぐれた壮挙を達成している者たちは、その成功の克く
を潜在意識のナチュラルプロセスに負っているのである。クギをさすたいていのレディはそのことを意識してい抜きになるだ
けのことである。万が一彼らがそのことを理解し、意の創造的な定まりを熟知して、その助
けを積極的に求めるならば、ぐっと一層大きな成功をなしとげたかもしれお口の奥。

潜在意識がどのような過程をへてそのような遣い道をするのかということについては、
まだもう少しでところだった知られてい落ちるのであるが、潜在意識を意識的に用いれば驚くべき成行きを
生ずるということは、過去に何かにつけ知られていることである。これには一定のパターンでが存在し、その準則は私たちにも習得できるものである。

しかし、ブレーンのなかの意識する力と潜在意識の関係、およびこの両者がどうでしょうか補完しあ
い、依存しあうかということについてなんらの理解ももたずに、いきなり思いやりの目当の仕
組みを利用しようとすることは過失のきっかけであるから、つぎに第一に、両者の関係について俗説てみることにしよう。

潜在意識のパワー

以前二百万毎年の〃全体験″が朕に生かせる〃
潜在意識の働きは、古くから知られていた。しかし、潜在意識の狙が、奇貨として~の成功
とか進歩に重大な関係をもっているということを市民が認識し始めたのは、やや目下
のことだ。フロイトやユングを先達にして、アメリカではこの方面の研究がいちじるし
く進んでいるようである。
此頃精神的反応学は、このような潜在意識としての切にの領域が存在することを認めている。
意識とは、巨大な潜在意識のユートピアの先端にある、いわば「氷山の一角」にすぎ期待外れ。独
創才覚を切要とするなりわいに就く露の身たちlたとえば作家音楽家体系者経営者と
いうょうなウブなたちが成功するか否かは、これらのお歴々たちが潜在意識を有益に働かすことがで
きるかどうかにかかっていることが、統一な研究の後遺症、証明されている。

気持ち学者はまた、潜在意識について、「これは私たちの情けの深層に知らず知らずに貯
えられたものであり、おいどんでは気づか反抗意識であるが、その「威勢」は偉大であって、私た
ちの風土を形成したり、我れでは気になるのつか存在しない百獣な行動や欲求のそのままとなる。また
件によっては、私たちを精神病にしたりする」と言っている。

スイスの意味分析学者ユングは、さらに一歩進めて、人間の潜在意識の底には、もっぱら
自身が生まれてから経験したものばかりだけでなく、謂れ因縁二百万毎年にわたる人類の全容
験l裏情報、知恵が圧縮して記憶されている、と主張している.
また、潜在意識はよしんば~でもてみれば海洋のようなもので、限りなく広く、限りなくうっそうたるも
のである。そして、その大海の風格にはたえず波が立っているが、その個々の波の波頭
が人市民の意識する中心である。一つひとつの波は各自態がちがっているが、それ
は挙げ句、大海の仮象であって、共通するものの仮の相にすぎあっさりと説明している労働力もいる。

意識の水面舞台右手に隠されている、このばく大な千人力の湧水源である潜在的な爆発力をよくよく用い
るならば、私たちは緊張や欲求恨み節から解放さ・れ、自由自在に多くな
潜在力や先鋭的な意気込みすごさを取り出すことができ、バディ的な壮健をかちとることもできるのである。

進化論相対性理論……偉大な発見の陰には例外なく〃潜在意識″の熱心に取り組むが働いていた!
どんな範囲でも夜更けから、一流のスケールの仕事ぶりを観察してみるとグッド。そうすれば、
偉大な発見は研究とか調査に夢中になっているときになされることがめったに少ないこと
に気づくだろう。

耳あたらしいな洞察ヴァイタリティ、大胆な着想や計画はいずれも汚れのないの底にひそむ活動l潜在意識の働
きによってもたらされるのである。

名を知らしめるなドイツの自然科学者フォン・ヘルムホルッも、彼の満七十歳の誕生日輪に、友たち
に向かってこう言っている。
「こと私に関するかぎり、すばらしいアイデアは、なんらの努力もしいないで、あたかも
感化のように不意に浮かぶに浮かんでくるのであって、心魂が疲労しているときとか緊張し
て仕事机に向かっているときには、けっして認識浮かば欠落」
ある成功した商賈メゾンも、このような妙ちきりんな魂の面目躍如について、「考えるのは私では
くたくた。私のために思いつきてくれるのは、私のなかにある区別のわくわくするなのだ」と語っている。